【Windows】デバイスマネージャーに表示されないデバイス(ドライバ)を削除する方法

少し前までRazer DeathAdderというゲーミングマウスを使っていた。性能とかデザインとかにはまずまず満足していたのだけれど、2ヶ月位経ったところでパソコンを立ち上げても無反応になり、他のパソコンに繋いでも認識しなかったので購入元のAmazonに連絡すると、交換または返金してくれるという。また同じ問題が起きても困るので返金をお願いした。手続きが完了するまでに要した時間はわずか10分ほど。返品期間はとっくにすぎていたのに返金の手続きも超スムーズ。他の店だったらこうはいかないでしょう。さすがAmazon!

めでたしめでたしと思っていたら、Windows UpdateでRazerのデバイスドライバをアップデートしろとアラートが出るようになった。こんな感じの画面。

ドライバはすでにPCから削除したはずなんだけどなあ、と思ったけど念のため再確認。やはりRazerは見当たらない。でもWindowsはRazerがあると認識している(らしい)

調べてみると、デバイスマネージャの(通常は非表示になっている)デバイスの中にそれはあった。確認方法は以下の通り。

  1. 管理者権限でコマンドプロンプトを起動してSET DEVMGR_SHOW_NONPRESENT_DEVICES=1次にdevmgmt.mscと入力してデバイスマネージャを起動(これで非表示のデバイスが表示されるようになる)
  2. デバイスマネージャで表示 > 非表示のデバイスの表示をクリック
  3. 非表示だったRazer DeathAdderが表示される。ちょっとわかりにくいかもしれないけどアイコンの色が薄くなってます。

あとは表示されているRazer DeathAdder Eliteを一つづつ右クリックして削除する(複数選択はできない)ちなみに今回のRazerは「マウスとそのほかのポインティングデバイス」だけじゃなく、「ヒューマン インターフェイス デバイス」カテゴリーの中にも存在していたので、そちらからも削除した。

実はこの後もWindows UpdateにしつこくRazerの更新が出てきて、試しに「Install Now」ボタンを押したらインストールに失敗。でも再度更新の確認をしたら表示されなくなりました。

今度こそめでたしめでたし 🙂