【Windows10】最後にログインしたユーザ名を変更するには

会社によっては無効化されていたりするけど、パソコンにログインする時、最後にログインしたユーザー名(普通は自分のアカウント名)がすでに表示されていて、パスワードだけ入力する場合がほとんどでしょう。

仕事でシステム管理なんかをしていると、作業でユーザのPCにログインすることが結構あって、作業が終わったらこの「最後にログインしたユーザ名」を元のユーザのものに戻しておくとちょっと親切(ユーザ名が管理者のアカウント名になってしまってるので)

この設定は例によってレジストリで管理されているので、.reg ファイルで簡単に変更可能。ただしWindows10からはWindows7までは不要だったDisplayNameSIDも変更しなければならなくなったので要注意。

Windows 7はこんな感じ↓
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Authentication\LogonUI]

"LastLoggedOnSAMUser"="ドメイン名\ユーザアカウント名"
"LastLoggedOnUser"="ドメイン名\ユーザアカウント名"

Windows 10はこちら↓
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Authentication\LogonUI]

"LastLoggedOnDisplayName"="ユーザアカウント表示名"
"LastLoggedOnSAMUser"="ドメイン名\ユーザアカウント名"
"LastLoggedOnUser"="ドメイン名\ユーザアカウント名"
"LastLoggedOnUserSID"="<ユーザSID>"

SIDを調べないといけないのがちょっと面倒だけど 🙁

ちなみに、ユーザSIDは以下のコマンドで確認できる。ただしこのコマンドだと、PC上のすべてのユーザの情報が表示されてしまう。

wmic useraccount

今回のように特定のユーザの情報だけ表示されればいい、という時は↓のようにfindstr にパイプしてユーザ名でフィルタリングすればOK。

wmic useraccount | findstr ユーザアカウント名

作成した .reg をダブルクリックして、再起動もしくはログオフすれば設定が反映されます。